Material


 

That tradition into the future

 

 静岡県西部の遠州地方は、江戸時代には日本でも有数の綿花の産地でした。綿花を栽培する農家は、副業に綿織物の産業をはじめ、やがてその産業が定着し、明治時代の風に乗り発展を収めるに至りました。
 近年では安価な海外製品など、産地産業としての規模が縮小する中、丸音織物では”Made in Japan”にこだわり、遠州コーデュロイに紡ぐ未来を見据えています。

 遠州織物において糸から生地になるまでの生産工程は高度に分業化し、現在でもすべての工程がこの地域の中にあって昔と変わらない方法で生産されています。

  丸音織物は三代に渡る創意と高い技術で小さな思いを形に変え、”made in japan”にこだわり、これからも遠州織物の伝統を未来に紡いでいきます。

 

 


 

Take pride in the corduroy

 

国内シェア約95%以上を誇る 磐田市福田産”コーデュロイ”

静岡県磐田市福田地区は、コーデュロイの産地です。
東京から福田港まで船が出ていた明治初期、船の帆布を補修する繊維産業が栄えました。

その後、フランスから伝わったコーデュロイを見て、厚手の生地を織る技術が生かせると思い、生産に挑戦し成功を収めこの地に根付きました。

 

 

 

 遠州織物は糸から生地になるまでの生産工程はとても複雑に分業化しています。

 タテ糸とヨコ糸を交差させて打ち込む”おさ打ち”によって、糸から布が生まれます。
ヨコ糸を二重に織って上に出ている部分をカットする工程がコーデュロイのの特徴です。

 カッチングと呼ばれる工程でコーデュロイの表情が生まれます。ガイドニードルと呼ばれる糸を持ち上げるための針を一つ一つ手作業で通し、丸刃のカッターで同時に切断します。このカッチングで仕上がりが決まってきます。

 仕上げ作業で重要な工程は生地表面を焼いて無駄な毛を取り除き、パイルの長さをそろえる作業です。高温のローラーに高速で生地を触れさせることによって、生地表面だけを焼き繊維の溶けた部分だけが光、肌触りの心地よいコーデュロイは完成します。

 


 

Skill of the craftsman

 

 タテ糸とヨコ糸を交差させて「織布」にする工程や、ヨコ糸に絶妙に切れ目を入れる「カッチング」などいくつもの工程を経て完成するコーデュロイ。

安価な海外製品の輸入が急激に増え国内繊維産業は大きな打撃を受けました。そんな中、大量生産で海外製品に対抗する道を選ばず、一層の付加価値の高い素材の開発、製造を手掛け価格競争に巻き込まれることのない独自の道を模索しました。これは昔ながらの織機とそれを操る職人たちの高い技術・信念によって切り開かれた道です。

 Maruottの商品は、そのひとつひとつに職人の確かな目が光り、”made in japan”を支える技が息づいています。

 丸音織物は、昭和8年創業で現在三代目。繊維の産地で、日本のモノづくりを守るため世の中の常識を覆すような商品を日々考えています。